転職エージェントとの上手な付き合い方とは

転職エージェントとうまくつきあう秘訣は「本音トーク」、これにつきます

転職エージェント

人材紹介会社に登録すると、その後で転職エージェントの担当者と面談ということになります。そこで転職を希望する理由や新しい就職先に対する希望条件などを話すわけです。初めての面談はだれしも緊張するものですし、少しでも自分を良く見せよう、相手に好印象を持ってもらおうと考えるのが人情でしょう。しかし、転職エージェントとの面談は、就職の面接ではありません。似て非なるもの、というより正反対の性格をもっていると言っていいと思います。就職面接のように相手に自分をよく思わせる必要はまったくなく、それどころか、時としてそれが再就職へのマイナスになってしまうのです。

 

ありのままを正直に

自分自身のキャリアプランや将来に対する明確なビジョンがしっかり固まった上で、人材紹介会社に登録し、転職エージェントと面談するという人は、少数派でしょう。話すことができるのはそれまで勤務していた会社の情報だけ、というケースがほとんどです。視野が狭く、業界の全体像や自分の仕事観がきちんと把握できないからこそ、転職エージェントに相談する必要があるということもできるでしょう。自分で自分がよくわかっていない。その自覚からスタートするのが、転職エージェントとの付き合いなのです。エージェントの担当者はプロです。そのプロの客観的な「目」で、現時点の自分を評価してもらう。そしてその上で、自分のキャリアプランを練るのが、実は面談の目的なのです。

 

そこで唯一の秘訣が、「本音トーク」ということになります。「こんなこと言ったらどう思われるかな」とか「これは黙っていたほうがいいかな」などと迷う必要はまったくありません。本音を、ネガティブと思われるようなことも含めて、どんどん担当者にぶつけ、完全に自分をさらけ出すことが、成功への一つだけの道です。同時に、自分で自分を知る良い機会にもなるでしょう。

 

ところで、転職エージェンシーを、企業担当と求職者担当の2職種に分けている人材紹介会社がほとんどです。求職者担当、つまりあなたと直接面談するスタッフは求職者の味方、あなたの味方です。実際に、転職エージェントの仕事をしている多くの人から、こういう話をよく聞きます。「担当になった求職者が転職に成功し、感謝されたときに、ああこの仕事をしていてよかったな、と心から感じる」と。

 

こんな強い味方が転職エージェンシーなのですから、どうぞ安心して、自分をさらけ出してください。ポジティブな情報かネガティブな情報かは、担当者がプロの目で判断してくれます。あなたはただ、「自分」の情報をできるだけ多く、プロの前に並べてみせることに努めればいいのです。そして、評価を受けた後に、ほんとうにネガティブな部分は、自分で改善するようにすればいいわけです。

 

仮に、最初に登録した人材紹介会社で成功をつかみ取ることができなくても、自分の本当のプロフィール、問題点も含めた自己認識がきちんとできれば、次の人材会社ではきっとスムーズに話が進むでしょう。もちろん、転職に成功するという結果が重要ですが、そうでなくても次のステップのために「正確な自画像」を、転職エージェンシーとの付き合いの中でぜひ描き出してください。

女性転職エージェントランキング


転職エージェント


マイナビエージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国

転職エージェント



転職エージェント「Type」


@typeの人材紹介


求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント



転職エージェント


ワークポート


求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント


転職エージェントとの付き合い方がポイントになる/女性の正社員転職サイトナビ関連ページ

転職求人サイトの違い
転職エージェント相談
登録から内定の流れ
転職エージェント選び
転職エージェント利用
中途採用
転職コラム