自分に合った転職エージェントの見極め方

賢い転職エージェントの利用方法

転職エージェント

最近では実に沢山の転職エージェントがありますので、どこを選ぼうか迷うかもしれませんが、実は難しく考える必要はないのです。転職エージェントを選ぶ際には柔軟性を持たせる為に、3社位に絞るのが最適なのです。ここでは簡単な選び方や考え方について説明します。

 

転職エージェントの種類について

まず、転職エージェントは大きく分けて、「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」に分類されます。「総合型転職エージェント」というのは、マイナビやパソナキャリアの様に幅広い種類の求人を扱う業者です。「特化型転職エージェント」というのは、IT転職ナビやメイテックネクストといった、職種を限定した専門的な業者です。

 

大きな違いとしては、「総合」は大規模で有名な企業が多く、広く浅く、膨大な数の求人数を持っています。「特化型」は、中所企業であることが多いのですが、求人のジャンルを特定している為に、キャリアアドバイザー(CA)が非常にプロフェッショナルで、求人を紹介するにも非常にマッチング精度が高くなるのが特徴です。

 

例えば、プログラマーとして働いてきた人が、プログラミングスキルが必要な求人に応募したいと思った場合を考えてみます。この時、「総合型エージェント」経由でこの企業に応募すると、企業への斡旋をしてくれるCAにプログラミングの知識が無いという場合があります。効果的な職務経歴書の書き方についての指導もできるか分かりませんし、実際に入社してからの詳しい仕事内容についても、面接で企業側に直接確認するしかないということもあるのです。

 

しかし、もしIT関連の企業に特化した転職エージェント経由で同じ企業に応募をしたとします。CAにプログラミングの経験者や元スペシャリストがいる、ということもあり、面接までにかなり専門的な質問や、自分の希望条件も明確に伝えることができることも多いのです。

 

しかし原則的に「総合型転職エージェント」経由での転職活動と、「総合型転職エージェント」経由での転職活動では、紹介される求人自体が全く異なる業種である可能性が高いと言えます。「特化型」では、CAがマッチングする段階から精査をするからであり、専門職として転職したいと思ったら、「総合型」を経由するよりも話しが早く進むということが考えられるのです。

 

総合型と特化型を上手に併用しましょう

もし最初から転職希望の職種が決まっているのならば、その関係の企業に特化した転職エージェントに登録することが近道です。但し、まだ自分では将来的な方向性が定まらず、とりあえず転職についてのノウハウを身につけたい、と思う人ならば、「総合型転職エージェント」に登録することがお薦めです。そこで登録時にまずCAと面談をして、自分の今までの経験やスキルを説明することにより、CAのプロの目により適職を見つけてもらうことができるのです。また、その職種に向けて更に必要なスキルがあればアドバイスもして貰えます。

 

ある程度自分に合ったジャンルが見えてきた段階で、今度はそのジャンルに特化した転職エージェントを探してみることも良いでしょう。そして今度はその「特化型転職エージェント」のCAに対して、きちんとした自分のキャリアプランについて伝えれば、自分にマッチした企業を紹介して貰えるでしょう。

 

「総合型」と「特化型」を併用することにより、求人件数はその分多く見つけることができます。もし未だに自分には何が一番適職なのか分からない、という人は、少しでも多くの選択肢の中から自分に合った求人を選ぶことができる、「総合型転職エージェント」に登録しましょう。

転職エージェントは複数登録することができます。とりあえず「総合型」の3社程に絞り、まずは登録をすることから始めてみましょう。

女性転職エージェントランキング


転職エージェント


マイナビエージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国

転職エージェント



転職エージェント「Type」


@typeの人材紹介


求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント



転職エージェント


ワークポート


求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント