転職エージェントにはメリットとデメリットがあります

転職エージェントを利用する場合の利点・欠点

転職エージェントのメリット・デメリット

転職活動をするときに、とてもありがたい存在になるのが転職エージェントです。担当してくれるのは転職コンサルティングを専門とする人です。自分のキャリアについて、希望する求人の紹介、面接の日取りの設定、履歴書や職務経歴書の書き方、面接での評価についての情報を企業から伝えてくれるなど、転職についてありとあらゆるサポートをしてくれ、転職の悩みの相談も受けてくれます。至れり尽くせりとも言えるこれらのサービスを全て無料で提供してくれるとても嬉しい存在です。しかし、利点ばかりというわけでもありません。転職エージェントを利用することに利点を感じなかった、むしろ不満があったという話もあります。

 

利点・欠点双方からの視点で転職エージェントについて説明してみましょう。

 

転職エージェントの利点

1.たくさんの求人情報から、自分の希望する条件と合致したものを見つけ出してくれる。
2.給料の相場や、現在の求人市場の動きなどの転職する上で必要な情報を得られる。
3.これからのためにどのようなキャリアを得るべきか、助言がもらえる。
4.履歴書・職務経歴書についての具体的な記述方法を教えてもらえる。
5.企業との面接の日取り決めといったことを代わりにやってくれる。
6.面接のときにどのように答えるべきかについても助言をもらえる。

以上のように多岐に渡った利点が、転職エージェントにはあります

 

転職エージェントの欠点

利点ばかりを述べてきましたが、以下に転職エージェントを利用する際に起こった良くない事例を紹介していきます。

1.担当のキャリアアドバイザーの質によって、サービスの質も変わってしまう。
2.自分という存在がキャリアアドバイザーにとって商品なのではないかと感じてしまう。
3.企業側にコストがかかる分、一般公募より高い採用基準を求められている気がする。
4.企業側とは転職エージェントを通した接触になるので、やり取りに不明瞭な部分があり、不安になる。

 

転職エージェントを利用したのに不満が残る結果になる場合は、キャリアアドバイザーの質に満足できなかった場合が多いです。
もちろん、転職する人のために適切なアドバイスをしてくれるアドバイザーが多いのですが、残念なことに、自分という存在をぞんざいに扱われたと感じてしまう対応をするアドバイザーもいるようです。もし、担当のキャリアアドバイザーがどうも自分に合わないと思うときは、申し出れば変更してくれる転職エージェントが多いです。ただ、キャリアアドバイザーに満足できるかは、アドバイザーの質にもよりますが、転職エージェントを利用する側がアドバイザーに真摯に接しているかどうかもかかわってきます。建前だけを話すだけでは、アドバイザー側も親身になったサポートはできませんし、希望する就職先を探すこともできないのです。

 

転職エージェントの活用法

転職する人とキャリアアドバイザーが協力し合い、最終目的となる就職を目指していくのが転職エージェントとしての正しい形でしょう。キャリアアドバイザーとの信頼関係を築くことで、適切なサポートを得て転職活動を速やかに進めることができるのです。それには、まず転職する側がキャリアアドバイザーを信頼することが必要です。

 

「相手は仕事なんだから、転職を専門としているのだから、転職エージェントに行けば色んなサービスを受けられるに違いない。そうされるのが当然」だと思っていては、転職エージェントを介しての転職活動は上手くいかないのではないでしょうか。転職エージェントは確かに転職する人を全面的にサポートするのを仕事にしています。しかし、転職するのは他ならぬ自分だということを認識していなければなりません。

 

転職エージェントに不満をいだいたまま終わるのも、上手く利用してより良い転職につなげるのも活用する人次第です。そして、上手く使える人にとって、転職エージェントは頼もしい味方になるでしょう。

転職エージェントを上手く活用するための心得

近年、転職活動をするにあたって転職エージェントに相談する方が増えています。

 

転職エージェントを利用すれば、転職コンサルタントが、プロの視点から“将来の働き方を見据えた転職の相談”にのってくれるほか、転職に関する様々な事柄(求人の紹介、履歴書等の書き方、面接準備および転職先との交渉など)に関してアドバイス・サポートをしてくれるため、転職時に大変頼りになるのです。
しかも、転職エージェントのサービスは、基本的に全て無料!

 

転職エージェントは、転職活動をする人の強い味方といえます。

 

ただし、そんな転職エージェントですが、うまく活用しないと、むしろ逆効果になってしまうこともあるのです。
転職エージェントを利用した方の中には、コンサルタントの意見に振り回されてしまった、自分の考えで転職活動を進めることができなかった、という方も少なくありません。

 

そこで、ここでは転職エージェントのメリットとデメリットを比較した上で、その賢い活用法について考えていきたいと思います。

 

まず、転職エージェントのメリットからみていきましょう。
やはりメリットは、転職に関するあらゆる面においてサポートを受けることができることです。
「自分の希望を示せば、その希望を満たす求人を探してくれる」
「転職市場の相場をはじめ、転職の基礎知識を教えてくれる」
「将来を見据えた働き方についてアドバイスを受けられる」
「履歴書などの書き方についてアドバイスを受けられる」
「.面接の日程調整など、面倒な作業を自分に変わりやってもらえる」
「.面接の準備を手伝ってもらえる」
こうした、様々なサポートを無料で受けられる点が、転職エージェントの魅力といえます。

 

一方、デメリットもゼロではありません。
「コンサルタントの能力に差がある」
「企業に売りこむ“商品”として扱われているように感じられる」
「企業とコンサルタントとの間のやり取りがみえない」
「自分のペースで転職活動を進めにくい」
転職エージェントを利用した方の中には、といった不満を感じたり違和感を覚えたりした、という方も少なくないのです。

 

以上から見えてきたことがあります。
それは、「転職エージェントの利用満足度は、担当コンサルタントとコミュニケーションが取れているかどうかに依存する」ということ!
コンサルタントときちんと話し合いができて、はじめて、転職エージェントを利用するメリットが活きてくる、といっても過言ではないでしょう。

 

まず、担当コンサルタントの能力が高いことが望まれます。
ですが、それと同様に、担当コンサルタントと上手く意思の疎通が図れているかどうか、という点が大切になってくるわけです。

 

担当コンサルタントと“二人三脚”で頑張ってこそ、満足の行く転職ができるのです。

 

能力の高いコンサルタントが担当してくれるのにこしたことはありませんが、求職者側である我々が、いかにコンサルタントに接するか、というのも非常に重要!
転職エージェントを利用した場合も、自ら転職と向き合うことが大切です。コンサルタントに任せきりではいけません。
自分の考えをしっかり持ち、コンサルタントにきちんと本音を伝えることが、転職成功の鍵といってもいいのではないでしょうか。

 

あなたがコンサルタントと信頼関係を築くことができれば、コンサルタントもあなたのために必死に考えてくれるはずです。
しかし、あなたの真剣さが伝わらなければ、親身になって相談にのってくれる確率は低くなることでしょう。

 

転職エージェントは、転職に関する面倒な手続きの代行など、あなたに代わって色々なことをしてくれますが、あくまでも転職活動をするのは「あなた」です。
それを忘れずにいれば、転職エージェントのサポートを上手く活用して、転職に成功することができるはず!

 

自分の考えをしっかり持ち、そしてコンサルタントと良い信頼関係を築くことができれば、転職エージェントは、あなたにとって転職活動時に非常に頼れるサービスになるでしょう。

女性転職エージェントランキング


転職エージェント


マイナビエージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国

転職エージェント



転職エージェント「Type」


@typeの人材紹介


求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント



転職エージェント


ワークポート


求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント


転職エージェントのメリットとデメリットについて/女性の正社員転職サイトナビ関連ページ

転職求人サイトの違い
転職エージェント相談
登録から内定の流れ
転職エージェント選び
付き合い方がポイント
中途採用
転職コラム