転職活動において重要な転職回数と理由

転職回数や理由について〜転職に失敗しないために

正社員の転職・転職回数と理由

転職を考える人、希望する人がたいへん多くなっていますが、実際に転職活動をする場合、過去の転職回数が問題になるケースが出てきます。当然、回数が多いほど採用されにくいということになります。

これは、企業サイドの心理を考えればやむをえないことでしょう。新規採用に関しては多くの経費と手間がかかるからです。採用告知のための広告費だけでも、ばかにはなりませんし、採用したあとも、その人のためのデスクやパソコンなどの経費に加え、研修プログラムなどの必要もでてきます。ですから企業としては、採用した人にはできるだけ長く勤めてほしいと考えるわけです。そのため、履歴書を見て転職回数が多いと、「採用してもまたすぐにやめてしまうのではないか」とか「この人に何か問題があって、それで転職をくりかえしているのではないか」と、担当者は考えます。

 

転職の理由によってフォローもできる

転職回数が大きなボトルネックになって、結果、採用されないというケースが多いのは、この企業側の心理によるものといっていいでしょう。ただし、転職の理由によってはネガティブな要素と受け取られないこともあります。たとえば、勤めていた会社が業績不振で倒産した。あるいは所属していた部署そのものがリストラされた。また、会社からグループ会社へ異動したが、出向のはずだったのに転籍になってしまった。これらのケースは、会社側の事情、問題なわけですから、転職希望者自身のマイナス要素にはなりません。

 

問題なのは、自身の意志で転職をくりかえしたケースです。面接では当然「何故?」と質問されますから、それに明確な答えを返せるように準備しておく必要があります。もう1つ、勤めた企業における就業年数の問題もあります。たとえばどの会社にも1年と勤めていないキャリアの人が、「御社のためにぜひ貢献させていただきたい」と面接で熱弁をふるっても、説得力はまったくないでしょう。ですから、1つの企業に最低でも3年は勤めて、それをたしかなキャリアとしてほしいと思います。

女性転職エージェントランキング


転職エージェント


マイナビエージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国

転職エージェント



転職エージェント「Type」


@typeの人材紹介


求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント



転職エージェント


ワークポート


求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント