年収・給与は転職でどう変わる?

転職と年収・給与

正社員の転職年収と給与

自分の年収に満足している人は、世の中にどのくらいいるのでしょうか。多くの人が自分の年収をもっと満足できるものにするために転職を考えるようです。確かに、転職オススメサイトの広告、雑誌の表紙には、転職したら必ず年収が増えるかのような宣伝文句が踊っています。でも、実際に転職した人たちは、年収が増え、以前よりも豊かな生活をしているのでしょうか。まず、現実を知ること、そのあとで転職について考えるべきでしょう。

 

転職回数と生涯年収は関係するのか

よく言われるのは、転職回数が少ない方が、将来的な生涯年収は高くなると言われています。逆に、転職を繰り返した結果、残念ながら生涯年収が下がってしまうことが考えられるでしょう。

 

転職回数と生涯年収との関係について、主には次のような原因が考えられるでしょう。

・転職後の職場において、いつも新人扱いで、昇進・昇給しにくいこと。
・転職を繰り返すことで、専門分野を持てないこと。
・転職を繰り返すことによって、希望職種に就職しにくくなり、年収面を妥協してしまうこと。

 

一番の原因は、転職先で、常に新入社員として扱われることでしょう。転職時に、どんなに高い役職についていたところで、転職し、入社した時点で、他の若い新卒と同じ、新入社員でしかないのです。

 

新卒入社の社員は、すでにその企業では人間関係や、社則、その業界についての知識やルール、内容の理解度において、有利であり、たとえ、マネジメントのような大きな役割を担い、企業から期待された入社だったとしても、まずは、その企業についての知識を得、環境を整えるところから始めるのでは、若い新入社員と同じレベル、又はとても不利な状況ということなのです。

 

新人として扱われる、ということをよく理解して転職する必要があり、転職先の企業での評価を早期で期待するのは、難しくかなりの努力が必要とされるでしょう。自分の実力に自信を持ち、転職をしたところで、新卒で長くその企業に勤務している社員とは比較にならないほど、不利だといえるでしょう。その結果、生涯年収に影響を及ぼすのです。

 

次に、転職を繰り返すことで、専門分野と呼べるものがなかなか見つからないこともいえるでしょう。転職しても、以前と同じ業界・職種であったりする場合は、その限りではありませんが、希望する職種が全然別の業界であったりすると、これは、完全に初心者として始めることになるのです。別の職種だから、以前の知識が全く役に立たないというわけではありませんが、専門分野を突き詰めようとすると、長く同じ業界に身を置いている人の方が断然有利と言えるでしょう。もっと言えば、希望する職種を転職の度に次々と変えてしまうと、その度に新しい知識を得る代わりに、突き詰めた分野を持つことができず、どこに行っても新人の域を出ないのです。何かに突出した知識や専門技術を持たない社員は、企業にとっては、取るに足りない社員であって、評価に値せず、その結果、低い年収のままということになるでしょう。

 

最後に、転職を繰り返すことにより、希望職種に近づこうとすると、あきらめるのが年収しかないという状況です。転職する度に実力をつけていくということは、ほとんどありません。満足できる年収を得るためにするべきことは、今現在与えられた仕事、分野において、高い評価を得るべく、努力し続けることが一番大事といえるでしょう。

女性転職エージェントランキング


転職エージェント


マイナビエージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国

転職エージェント



転職エージェント「Type」


@typeの人材紹介


求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント



転職エージェント


ワークポート


求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント