30代後半の転職活動はしっかりと目的を持って

30代後半での転職〜その現実について

正社員の転職30代後半の転職活動

30代半ばから後半になって転職を考える、というケースについて、その現実をお話しましょう。その年代で転職して失敗、さらに転職をくりかえすというケースが少なくありません。1つには選択肢が狭まっているという事情があります。30代も後半となれば、企業としては「新人」ではなく、マネージメントスキルを持った人材を期待するのが常識です。マネージメントスキルは、30代後半での転職者には必須の要素なのです。それを持たない場合には、たとえば年収をそれまでより100〜200万円もダウンさせて、ようやく内定をもらうということにもなりかねません。

 

転職で失敗しないために

ですから現実には、「前の会社をやめなければよかった」と後悔する転職が少なくないのです。やめずに勤め続けていれば、それなりに昇進もし、給与も上がり、退職金も期待できたのに、という後悔です。このリスクはきちんと把握しておく必要が、まずあります。

 

また、実際に転職したあとで、うまくいかないというケースも多く見られます。前の会社に新卒採用で就職した場合は、30代後半の転職者は10年以上その会社に勤めたわけです。当然、その会社の社風や所属部署での実際の働き方が、身にしみついてしまっています。それを引きずったまま、新しい会社で勤めはじめても、うまくいくはずがありません。環境に順応できないまま、結局その会社も退職し、転職をくりかえすということにもなりかねないのです。

 

20代の頃なら、新しい環境への適応能力も高いですし、まわりの先輩たちもめんどうをみてくれるでしょう。けれど30代後半ではそうはいかないのです。20代ではポテンシャルが評価されますが、30代後半ともなればポテンシャルではなく、仕事の成果が期待・評価されるのです。これはぜひしっかりと頭に入れておいてください。前の会社でのワークスタイルや考え方を1度「断捨離」して、新しく生まれかわるぐらいの覚悟で、転職に臨むべきです。その自覚と覚悟が、30代後半の転職を成功させる鍵なのです。

 

実際に、「最初に就職した会社で15年勤めて、転職。2社目は1年で退職し、転職。3社目も1年で退職」というケースがかなり多く見られます。これは今言った「自覚と覚悟」がないために起こる失敗の典型例です。30代後半から40代は、いわゆる働き盛りの年代です。せっかくそれまで築き上げてきたキャリアを無にしないためにも、転職は慎重に、そして自覚と覚悟をもって、新しい人生のステージをつかみ取ってください。

女性転職エージェントランキング


転職エージェント


マイナビエージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国

転職エージェント



転職エージェント「Type」


@typeの人材紹介


求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント



転職エージェント


ワークポート


求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント